建築士紹介

楽しい家づくりから、楽しい家はうまれる。

水澤 恭輔

一級建築士 

家って不思議なもので、「楽しくないなぁ」と思いながら作っていると、本当に楽しくない家になるんです。住んでいてもわくわくしない、つまらないというか・・・。お客さまも建築士も次の打ち合わせが待ち遠しくて、悩んだり迷っている時でさえ、なんだか幸せ。そうやって完成した家は、住んでからも家族に幸せな暮らしを与えてくれます。  タインデザインに来るまで、さまざまなビルダーで営業・設計・現場監督と、家づくりはひと通り経験しましたが、いまだに初めてのケースに出会います。とくにタインデザインのお客さまは面白いことが大好きなので、突拍子のない要望をおっしゃることも。それでも基本は断らず、自分で徹底的に調べたり、詳しい人にしつこいぐらい尋ねたり。なんとか方法を  見出すなかで、自分の知識も増えていくと思っています。

ふだんは3人の子どもを持つ父親。休みの日にはゴルフを楽しむ、典型的な“おとうさん”です(笑)。お子さんのいるお客さまとは、ついつい育児や家事の話で盛り上がることも。自分自身が子育てに奮闘中ということもあって、建築士としてだけでなく、親の目線で家づくりのアドバイスさせていただくこともあります。大人も子どもも楽しめる住まいを、最後まで責任をもって作っていきたいですね。

2004年 日本大学理工学部建築学科卒業後ハウスメーカーや工務店にて設計・現場など幅広い経験を積む。 2012年 誠賀建設(株)入社、注文部へ配属  2013年 TAINN DESIGN設立に際し高い設計能力を評価され異動、現在に至る 

建築実例