家づくりへの想い

一生、語り合える
思い出をつくりましょう

「しあわせ」ということを、考えてみたいと思います。
あなたが思い出すのは、どんな風景ですか。

仲間と泥だらけになりながら切磋琢磨した日々。
同期と一緒に徹夜して作った企画書。
カメラを忘れちゃった旅行のことや、
ちょっと焦げたカレーがたまらなくおいしいかったキャンプのこと。

たのしかったことも、その瞬間はつらかったと思うことも、
感情が伴った記憶は、長く残り、語らうたびに新しい幸せな時間をくれる。

人生で一番大きなお金をかける「家づくり」だからこそ、
家だけでなく、一生語り合える、思い出までつくってほしい。
そしてその家で、家族の思い出をたくさん積み重ねてほしい。

タインデザインは、そんな想いで家づくりをしています。

家づくりで大切にする3つのこと

  • 納得できるまで
    一緒に考えましょう。

    言わない方がいいかな、困らせるかな、なんてことは考えないでください。細かいデザインや間取りや色…納得いくまで何度でも打ち合わせましょう。悩んで考えてぶつかりながらも出来上がった家は、家族の大切な思い出になるはずです。

  • 建築士に直接想いを
    ぶつけてください。

    タインデザインは、想いをダイレクトに図面に反映するために、営業を挟まず、直接建築士と打ち合わせをするスタイルをとっています。建築士が「言葉にならない想い」まで読み解き、想いを一つのカタチにするお手伝いをします。

  • 施工まで自社で
    管理しています。

    タインデザインは「誠賀建設」という総合不動産会社の注文部門。設計・施工・アフターまで、幅広く手掛けてきたノウハウがあるからこそ、一風変わった図面やデザインも、きちんとカタチにできるのです。現場監督や職人さんとも密に連携し、仕上げまでこだわります。

結婚式をした、教会がとても素敵で真っ青な空に真っ白な壁、家づくりでもそれを再現できたらなって思いました。

段差で空間が仕切られている家がいいなっていうのはずっとありました。家族がゆるくつながりながらも、広く見える空間がつくりたかったんです。

光がたくさん入ってくるような、そんなリビングが理想でした。完成したら思ってもみないところで子どもが読書するように。笑

中庭も含めて、大きなリビングみたいに見えたらなって。
フラットにつながる中庭ができたので、中庭もリビングの一部みたいです。

家づくりの夢を、
私たちに聞かせてください

まとまらない想いも、まずはたくさんぶつけてみてください。
悩んでいることも、一緒に考えましょう。
プロの目線で、想いをカタチにするお手伝いをします。