建築実例

ステージが生まれた家

「もう決めることはないなって、終わったときは少しホッとしました(笑)」そう話すのはO夫人。2週間に一度の打ち合わせと、プラン変更は10回以上。「ぜったい後悔したくない」と、時間の許す限り、SNSで気にいったプランや細々とした仕様をチェック。気に入ったものがあればその都度スクリーンショットに取り、担当の山村さんに送り続けた。「だんだん自分の好みが整理されてきて、山村さんもわかってくれて。ダイニングで使ったカクカクしたスイッチプレートは、こちらで指定しなくても、「私たちが好きそうだから」って山村さんが選んでおいてくれたんです。最初はいろいろお願いするのが申し訳なかったのですが、「大丈夫ですよ」って言ってくれたのが心強かったですね」。「主婦はリビングとダイニングにいる時間が長いんだから、そこを自分の好きな場所にした方がいいよ」というお母さんのアドバイスもあって、LDKには一切妥協しなかった夫人。1階を占めるLDKは、段差のあるピットリビングや、間仕切りのおかげで、ワンフロアにさまざまな空間が誕生。リビングの一段高い空間だけはキッズスペースだから、おもちゃを散らかしてもOKなど、それぞれの空間で使い分けができる。「子どもが自分で工夫して遊べる場所がたくさんできてよかったです。まだまだ余白のある家だから、これからどう変わっていくかも楽しみですね」

家族構成 夫婦+子ども2人
価格帯 2000万円台
所在地 東京都小金井市
延床面積 132.57㎡(40.1坪)
敷地面積 159.04㎡(48.1坪)
竣工年月 2018年12月

担当
山村 峻

ひな壇になるピットリビング
「階段も含めて座れる場所がたくさんできたのがいいですね」と夫人。バレエを習っている娘さんのダンスショーが始まったら、ひな壇に腰かけて観覧するそう
キレイを保てるキッチン
LDから見えるフラットなキッチンは手入れがラクなのがいい。水栓をセンサーにしたのが思いのほか便利だった
回遊動線
リビング側へも玄関側へも、ぐるぐると行き来できる回遊動線。すぐに子どものもとへ駆けつけられるので安心だ
靴を脱がずにキッチンへ
玄関~キッチンへ直結の動線は、スーパーで買ってきたものをそのままキッチンに運べて便利(前の家は苦労した)。間にパントリーもあるので、紙おむつなどもそのまますぐ収納できる
キッチンからの見晴らし
キッチンのお母さんからはLDKを一望。すみずみまで見渡せるので、キッチンにいても孤立することはない。ワンフロアでも思ったより寒くないのは、基本性能が備わっている証
目隠しのある外観
「カッコいい感じで・・・」と、山村さんにすべてを託した外観デザイン。南側の木調ルーバーは、道路からの目隠しとして山村さんが提案したもの
仕事も宿題もならんで
ダイニングわきの造作カウンターは、子どもが大きくなったら宿題をする場所に。正面壁はマグネットボード、2段にした収納など実用性も意識したつくり
オシャレへの目覚め
いずれ2人の娘さんと並んでメイクできるように、広めにつくった洗面台
雨の日でもソトで遊べる
リビングとフラットに繋がるウッドデッキ。夏は子どものプールを置いたり、屋根を付けて、雨の日でも出られるようにした
あこがれのランドリールーム
洗う、干す、たたむが完結するランドリールーム。わざわざたたむ時間を取らなくても、ついでにできるのがいい
カクカクのスイッチプレート
山村さんが選んだ、角が四角いスイッチプレート。「スイッチプレートは特に指定しなかったのですが『私たちが好きそうだから』と、選んでくれていました」

その他の建築実例