建築士紹介

「楽しい」も「しんどい」も、いちばん近くで。

三浦 さつき

一級建築士

家づくりって、正直大変です。タイル1枚を選ぶのに徹夜で調べたり、ときには心変わりして、また最初から調べなおしたり。カラダも心も忙しく、くじけそうになることも。だからタインデザインでは、ファーストコンタクトから引き渡しまで、ずっと建築士が対応。丁寧なヒアリングでお客さまのイメージを自分の中にも描き、それをニュアンスのズレがなく、カタチにしていきます。お客さまのいちばん近くで、楽しいことやしんどいことを分かち合い、一喜一憂する。わたしにとって建築士は、そういう存在でありたいと思ってるんです。

中二の時に自宅を建てたのですが、その過程にどきどきわくわく。家族の意見や自分の意見がどんどん反映されていくのが、とにかく楽しくて。この仕事に就いた原点はそこかもしれません。あの時の強烈な体験を、できるだけ多くの方に味わってもらいたい。 タインデザインのお客さまはこだわりが強く、「ないものは作る」という、自分の「好き」に正直で真摯な方ばかりです。私自身もDIYが趣味で、モノづくりに溺れる気持ちはよくわかりますが(笑)。そんなまっすぐな想いを超えていくのは、こちらもエネルギーと覚悟がいります。けれどやっぱり、建築士としては驚かせたいし、よろこばせたいと思ってしまうんですよね。

2014年 東北工業大学工学部建築学科卒業後、設計事務所にて主に戸建て住宅を担当する。他にも特別養護老人ホームや児童館といった福祉施設、ホテルやカフェなどの商業施設の設計に携わる 。2017年 これまでの経験を生かし、住宅設計に特化したいとの思いから誠賀建設㈱に入社、TAINN DESIGNへ配属 。

建築実例